外国為替証拠金取引とは

 外国為替証拠金取引とは、証拠金を業者に預託し、その差金決済による通貨の売買を行う取引のことです。
外国為替証拠金取引は、「FX(Foreign eXchange)」「通貨証拠金取引」「外国為替保証金取引」ともいいます。(このサイトではFXとします。)日本では、1998年に外国為替及び外国貿易が改正されてから、個人の投資家にもFXが浸透しました。
 では、 FXの魅力を見ていきましょう。

FXは24時間いつでも取引可能!!

 FXは24時間いつでも取引可能です。サラリーマンや主婦など日中なかなか時間が取れない人でも、取引ができる幅が広がります。またインターネットでの取引が主流の為、ネット環境さえあれば取引ができるのです。業者によっては、携帯やスマートフォンでのモバイル取引が可能であり、利便性が高い点も魅力です。。

FXは証拠金以上の取引ができる!!

 FX取引ではレバレッジを利用して、証拠金以上の取引ができるのです。レバレッジとは手この原理を意味し、少額資金でより大きな資金の取引をすることを指します。
 レバレッジは2011年の規制後、個人口座では最大25倍までとなりましたが、それでも充分大きなリターンを狙う事が出来ます。

FXは毎日金利がもらえる!!

 FXでは、通貨間の金利差によって生じるスワップポイントががあります。例えば、円より金利の高い外貨を買っているとその金利差を利益として日々もらうことができるのです。為替の相場の変動によって得られる利益だけでなく、スワップ金利の受け取りによっても利益があるのです。
ただし、金利水準の低い国の通貨を買った場合は、スワップ金利を支払う事になるので、注意が必要です。